ゲームでいうところの技術とは何なのか

シェフと普通の主婦が作った料理では技術の差があり、どちらもおいしいけどシェフのほうがおいしい。シェフは毎日修行のように料理の腕を磨いているので、普通では時間がかかってしまうレシピも手際よく作れてしまう。

ゲームも同人ゲームとプロが作ったゲームでは面白いには違いないけど、プロのほうがグラフィックがきれいだったり、遊びやすかったりする。

ゲームの技量=速さだと思う。

どんな人でも時間をかければプロと同じ物を作れるけど、プロと同じものを作れるようになることにはもうプロになっている。すなわち、そのプロになるまでの道をすでに歩んでいるのがプロだという事。

どうしても素人だと、時間をかけなくてもいいところに時間かけちゃったり、やり方がわからなくて、自己流でやってしまったりする。その辺プロは、経験上この工程にはあまり時間をかけなくていいとか、これは最後にしようとか、初めにやっておくべきことなどを把握しているため、時間を大幅に短縮することができる。

さらに裏技的なことも知っているので、早くクオリティの高いものを作れる。

とにかく駆け出しの時は何でもやってみたらいい、失敗すればするほど技量につながり、見てて心配になったプロがいろいろ教えてくれるはず。

アドバイスとして、できる人のマネをしたらいいと思う。僕も専門学校には行ったときは完成品のプログラムをキーボードで丸写しする課題をやってた。ぜんぜん意味は分からなかったけど、なんか達成感があったし、慣れない英語をキーボードで書く事にすごく手間取ったけど、今ならできる。